通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

tert-ブチルヒドロキノン

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・食品添加物編 (NSUBNFA)
読み:ターシャリ・ブチルヒドロキノン
外語:TBHQ: tert-Butylhydroquinone 英語
品詞:名詞
2005/08/25 更新

酸化防止剤の一つ。日本では現在認可されていない食品添加物だが(かつては良く使われていた)、米国や中国、台湾などでは認められている。

化学式C10H14O2分子量166.21。融点125℃〜130℃、沸点273℃、引火点171℃。CAS番号1948-33-0。

tert-ブチルヒドロキノン
tert-ブチルヒドロキノン

一日当たりの摂取許容量は0.7mg/kg体重で、過剰に摂取すると体重減少などの悪影響があるとされる。動物実験では静脈注射で腎臓障害が出る可能性が指摘されている。

2002(平成14)年、ミスタードーナツは中国で製造し輸入していた肉まんにこの添加物が混入していることを知りつつ販売し、大事件となった。肉まんの皮の部分に使う植物油にTBHQが0.01%含有していた。

物質の特徴
食品添加物
酸化防止剤

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club