通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

スプライト

辞書:電算用語の基礎知識 計算機グラフィック編 (TCGRP)
読み:スプライト
外語:sprite 英語
品詞:名詞
2001/05/11 作成
2008/07/18 更新

画像の重ね合わせ処理をした上で任意の座標に表示する機能。

目次

語源は、画面の好きなところに、いつでも、特別な処理を必要とせずに表示出来ることが、まるでスプライト(気まぐれな妖精)にそっくりなところから。

CPUの能力が足りなかった8ビット機では、ハードウェアにスプライト機能を持たせることが多かった。

ファミリーコンピュータはじめゲーム専用機や、MSXで採用されたVDPTMS9918およびその上位互換には、ハードウェアスプライト機能が搭載されていた。

CPU能力が上がってくると、ソフトウェアでスプライトの処理を行なわせても、処理速度の問題が起こらなくなった。

そのため、今ではハードウェアでスプライトを用意しているものは殆どない。ハードウェアスプライトはものの見事に過去の技術になってしまったのである。

関連する用語
CPU

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club