通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

テラる

辞書:電算用語の基礎知識 計算機スラング編 (TZYOGO)
読み:テラる
品詞:ら行五段
1995/11/01 作成
2008/05/09 更新

容量などがテラを越えること。多くの分野で、テラ到達実現がホットな話題となっており、今や最もナウでトレンディな用語の一つである。

目次

例えば、次のようなテラオーバーをいう。

21世紀開始直後の時点ではまだ非現実的な話であり、笑い話として用いられることが多かった。

しかしCPUもいよいよ64ビット化しようかという時代になると、1TバイトのHDDもファイルサイズも、遂に現実のものとなった。そして死語となった。

しかしながら、通信速度は別である。10GBASE-X×100のトランキングなども、これを著している時点では基幹でも流石に無いと思われる。通信速度の上昇は、ムーアの法則より遥かに遅いのである。

また、Webでアクセスカウンター1兆以上になった時にも使われる。

【用例】カウンターがテラった

関連する用語
メガる
ギガる
エクサる

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club