通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

テンプレート

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:テンプレート
外語:template 英語
品詞:名詞
2014/05/08 作成

C++の機能で、シグネチャが異なる同名のメソッド(関数)およびクラスを、型指定パラメーターを使って定義(多重定義)するもの。

目次

C++では、templateという予約語を使って定義する。

C++は、データ型の異なる同名の関数定義(オーバーロード)が可能だが、通常はデータ型ごとに一つ一つ定義する必要がある。

テンプレートを使用すると、一つのクラスを複数のデータ型に適用できるため、データ型ごとにクラスを作成する必要がなくなる。

例えばintとdoubleで、大きい方の値を返す関数を用意する場合、Cであれば、次のようになる。

int max_int(int a, int b)
{
    return ( a > b ) ? a : b;
}
double max_dbl(double a, double b)
{
    return ( a > b ) ? a : b;
}

void main(void)
{
    int i1 = 1, i2 = 2, ir;
    double d1 = 1.0, d2 = 2.0, dr;

    ir = max_int(i1, i2);
    dr = max_dbl(d1, d2);
}

C++でオーバーロードを用いると同じ関数名にすることができるが、必要となる型全てのオーバーロード関数を定義する必要がある。

もし内容が同じなのであれば、テンプレートを用いれば、一回テンプレート関数を定義するだけで済む。

template <class T> T max(T a, T b)
{
    return ( a > b ) ? a : b;
}

void main()
{
    int i1 = 1, i2 = 2, ir;
    double d1 = 1.0, d2 = 2.0, dr;

    ir = max<int>(i1, i2);
    dr = max<double>(d1, d2);
}

複数のデータ型の処理を一つにまとめることができるため、コード量を大幅に削減することができる。

また、型を明示する必要があるため、型保証をすることもできる。

関連する用語
template
オーバーロード

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club