通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

再宣言

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング用語編 (PTPROGY)
読み:さいせんげん
品詞:さ変名詞
2022/08/10 作成

一度宣言した変数を、同じ変数名で宣言し直すこと。

プログラミング言語の仕様にもよるが、再宣言が可能な場合、後から宣言された変数が適用される。

同じブロックスコープ内での再宣言は不可とされるプログラミング言語でも、その中に別途ブロックを作りその中でなら再宣言が可能、とするものも少なくない。

言語仕様として幾らでも再宣言できる、とするものはいくらか珍しいが、かつてのJavaScriptはそうだった。JavaScriptの変数宣言varは、再宣言が可能である。

var a = 0;

var a = 1;

console.log(a); // 出力は `1` となる

しかし、これができること自体の利点はほぼ無く、予期しない再宣言が起こりうるなどバグの温床でしかない。

JavaScriptは元々このvarしかなかったが、この言語仕様は欠陥だったため、JavaScript 1.7およびECMAScript 2015 (ES6)から再宣言ができないletが追加されている。

関連する用語
変数 (プログラミング)
再代入

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club