通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

日立電線

辞書:電算用語の基礎知識 技術機器製造団体編 (TYORGM)
読み:ひたちでんせん
外語:Hitachi Cable, Ltd. 英語
品詞:会社名
2010/02/19 作成
2010/02/19 更新

日立グループのアンテナ・電線・ケーブル・通信機器製造会社。

子会社として、通信・サーバー機器の販売サポートを行なう日立電線ネットワークスを有する。

日本における2007(平成19)年度L2/L3スイッチシェアの8.2%を占める

基本情報

  • 商号: 日立電線株式会社
  • 本社: 〒101-8971 東京都千代田区外神田四丁目14番1号(秋葉原UDX)
  • 電話: ‐
  • 資本金: 259億4,801万円
  • 発行済株数: 374,018,174株
  • 代表者: 代表取締役社長 今井光雄
  • 従業員: 20,448名

沿革

  • 1918(大正7)年: 日立製作所内に電線製造工場を新設
  • 1956(昭和31)年4月: 会社設立
  • 1961(昭和36)年10月: 株式を東証、大証の二部に上場
  • 1962(昭和37)年2月: 株式を東証一部に昇格
  • 2003(平成15)年6月: 委員会等設置会社へ移行

過去に主要キャリアへのExtreme Networks社製品の拡販に勤め、日本国内でのシェア拡大させた。

その傍らで、HSWシリーズを製造販売し、現在のApresiaシリーズの基礎を築いた。

現在では、安価での高信頼性スイッチとしてL2スイッチのみではなく、BOXコアの概念を導入したApresia13000シリーズ等のL3スイッチ製品を製造販売することで、自社ブランドの確立を果たしている。

製品の質としては、堅牢なハードウェアは評価されているが、ソフトウェアの完成度と性能面では他社に遅れている印象がある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club