通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

書き込み専用メモリー

辞書:電算用語の基礎知識 技術メモリー編 (TTMEM)
読み:かきこみせんよう・メモリー
外語:WOM: write-only memory 英語
品詞:名詞
1999/02/02 作成
2013/06/29 更新

あるエンジニアのイタズラ心によってSignetics社のカタログに掲載されてしまった製品。

書き込み専用メモリー(WOM)は、読み出し専用メモリー(ROM)のちょうど逆であり、書き込むことはできるが読み出す手段が存在しない。

しかしメモリーは、書いて、読めるからこそ意味があるので、書くだけで、書いたデータの取得ができないのでは、メモリーが繋がっていないのと同じである。

つまり、全く無意味な物体ということで、書き込み専用メモリーはジョークとして成立する。

由来

新たな部品を製品化するまでの無意味な承認の繰り返しによるフラストレーションが、犯行の動機だったらしい。

しかし後に同社はこれをネタとしてElectronics誌にエイプリルフールの広告を出している。

仕様

  • 製品名 fully encoded、9046 x N、Random Access、write-only-memory
  • 型番 25120
  • 定格 6.3 VAC VFF を供給、+10V VCCVDD of 0V (±2%)
用語の所属
WO
関連する用語
RAM
ROM
FINO
/dev/null
ブラックホール (ネットワーク)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club