通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

減法混色

辞書:電算用語の基礎知識 計算機グラフィック編 (TCGRP)
読み:げんぽうこんしょく
品詞:名詞
2001/10/12 作成
2014/10/17 更新

物体に反射または物体を透過して減衰した光源の

補色の三原色であるシアン(C)・マゼンタ(M)・黄色(Y)を混合させてあらゆる色を作り出す。

理論上はCMYの3色で全ての色が表現可能だが、印刷などの場合、CMYの3色だけではインクの反射率の違いなどの理由で完全な黒を表現できない。そこで三色に加えて(K)インクを併用した「CMYK」が使われている。

関連する用語
三原色
CMYK
加法混色

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club