通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

/usr/home

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:ユーエスアー・ホーム
外語:/usr/home 英語
品詞:名詞
2002/02/08 作成
2008/02/18 更新

ホームディレクトリの一つ。ただし、オペレーティングシステム(OS)によっては異なる。

BSDや、古いLinuxでは/usr/home/<username>が利用者(ユーザー)のホームディレクトリであり、ログインした直後のカレントディレクトリとなる。

ここに、コンピューターの利用者(ユーザー)のプライベートなファイルを格納する。また、多くのコマンドやライブラリも格納される。

UNIX System V

System V、例えばUnixWare 2などは、もっぱら「/home/<username>」が使われている。

Linux

最近のLinuxは、もっぱら「/home/<username>」が使われている。

Linuxの標準、FHS 2.2やFHS 2.3仕様でも同様である。

IRIX

IRIXでは同様のものが「/usr/people/<username>」となる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club