通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

/usr/local/bin

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:ユーエスアー・ローカル・ビン
外語:/usr/local/bin 英語
品詞:名詞
2008/01/23 作成

UNIXPOSIX準拠OS(Linux等)で、利用者がインストールしたバイナリ等を置くディレクトリ

目次

オペレーティングシステム(OS)によって考え方は異なっているが、一般に/usr/local以下には、自分でコンパイルしたものを置いておくために使われる。

/usr/bin/binはシステムの標準のコマンドが置かれるが、/usr/local/binにはそれ以外のものを置く。

システムの標準とは別に、自分で作った、またはダウンロードしてきたものを使う場合、このディレクトリに置かれる。

例えば、OS標準のmakeが使えず、GNU makeが必要、といったことは良くある話である。しかし標準のmakeを置き換えてしまうことは、望ましくない結果を生む可能性がある。

このような場合、/usr/local/binにGNUのmakeを入れ、コマンドパスで/usr/local/binを/usr/binより先に書くだけで、簡単にmakeを差し替える事ができる。

つまり、システムの標準は/usr/bin、そうでないものは/usr/local/bin、とすることで、ユーザーは新しいコマンドをインストールして使うことができる。もし問題があれば、/usr/local/binのコマンドを削除するだけで良い。

これは、新しいバージョンのPerlなどを試したい、と言った時にも有効である。

用語の所属
ディレクトリ
関連する用語
/usr

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club