通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

2106年問題

辞書:電算用語の基礎知識 ソフト用語編 (PYSOFT)
読み:にせんひゃくろくねんもんだい
外語:year 2106 problem 英語
品詞:名詞
2013/01/06 作成
2013/01/07 更新
2106/02/06 迄有効

UNIX系OSや、Cで開発されたアプリケーションの抱える時限爆弾の一つ。

目次

32ビット長のtime_tは、符号を考慮すると31ビットしかなく、このため2038年問題が存在する。

仮に32ビットを無符号として扱ったとしても、2106(令和88)年にはtime_tはオーバーフローし問題が生ずる。これが2106年問題である。

32ビットでtime_tが0xffffffffとなった時、表現できる日時は2106(令和88)年2月7日15:28:15(日本時間)(@311)である。したがって、この1秒後に問題が発生することになる。

実際には、timt_tがunsigned longで定義される実装は少ないと見込まれるため、2038年問題となり、2038年を無事に過ごして2106年問題が生じることは少ないと見込まれている。

用語の所属
20XX年問題
関連する用語
time_t
2038年問題

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club