通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

CFast

辞書:電算用語の基礎知識 計算機記憶装置編 (TCPERIS)
読み:スィーファスト
外語:CFast 英語
品詞:名詞
2013/10/04 作成

メモリーカード規格の一つ。コンパクトフラッシュの後継だが互換性はない。

CFA(CompactFlash Association)が提唱したメモリーカード規格。

形状はコンパクトフラッシュと完全に同じで、頑丈な作りであることも同じだが、インターフェイスが従来のパラレルATAからシリアルATAに変更された。

しかし、これは民生用としては殆ど普及していない

対抗規格として、同じくCFAがコンパクトフラッシュの後継として提唱したXQDがあり、こちらは民生用として普及の兆しがある。

寸法

サイズは36.4mm×42.8mm×3.3mm。

形状はコンパクトフラッシュと同じ。

IF

インターフェイスが従来のパラレルATAからシリアルATAに変更された。

当然、カードのピンは異なり、ピン数は24ピンで、7ピン(信号)+17ピン(電源・コントロール)である。

データ転送速度(読み込み)は、CFast 1.0で最大3.0Gbps(300Mバイト/秒)で、SATA 2.0相当である。CFast 2.0からはSATA 3.0相当の技術が導入され、最大3.6Gbps(450Mバイト/秒)となった。

なお、SATA 3.0は最大で4.8Gbps(600Mバイト/秒)の技術であるので、今後は更に速くなる可能性がある。

バージョン

  • CFast 1.0 ‐ 3.0Gbps(300Mバイト/秒) SATA 2.0相当
  • CFast 2.0 ‐ 3.6Gbps(450Mバイト/秒) SATA 3.0相当

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club