通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

DV RS-MMC

辞書:電算用語の基礎知識 計算機記憶装置編 (TCPERIS)
読み:ディーヴィー・アーエス・エムエムスィー
外語:DV RS-MMC: Dual Voltage Reduced-Size MultiMediaCard 英語
品詞:名詞
2006/07/10 作成
2012/05/21 更新

マルチメディアカード(MMC)の一種で、2種類の電圧(3.3Vと1.8V)に対応したRS-MMC

MMCA(Multi Media Card Association)により策定された。

寸法

サイズは幅24mm×長さ18mm×厚み1.4mm。

RS-MMCと同じ。治具を使って従来のMMCスロットでも利用できる仕様も同様である。

容量

仕様上では最大512Miバイトまで対応可能。

IF

接点部はMMCと同じ7ピン。

従来は、マルチメディアカードより一貫して電圧は3.3Vで動作していたが、このタイプではより低電圧の1.8Vでの動作に対応する。

18mm長(小型版)の後継は、より高速化されたMMCmobileである。ピン数が増えている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club