通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

DVD-R

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・物理編 (TTDISKP)
読み:ディーヴィーディー・アー
外語:DVD-R: Digital Versatile Disc Recordable 英語
品詞:名詞
2000/06/20 作成
2011/10/15 更新

一回だけ書き込める(ライトワンス)DVDの一つ。CD-Rと同様に、有機色素膜を使って記録するDVD。

パイオニアを中心に、三菱電機、日立製作所ソニー、日本ビクター、パイオニアビデオ、EASTMAN KODAK、Philips Electronics、東芝松下電器産業(現・パナソニック)、日立マクセル、THOMSON multimediaによる「WG-6」12社で策定された。

サイズと容量

メディアは既存のDVD-ROMドライブでそのまま読み出すことができる。但し、一部の古いDVD-ROMドライブでは読み込めない。

通常の12cm径のもののほか、8cm径のものがある。

1997(平成9)年に発行されたver1.0規格では、12cm径で片面3.95Gバイト、両面7.9Gバイト、8cm径で片面1.23Gバイト、両面2.46Gバイトである。

1998(平成10)年11月にDVD-ROMと同容量の4.7Gバイトを実現したver1.9が発行され、翌1999(平成11)年にver2.0として正式な規格となった。

容量や方式

フォーマットには、メディア製造時に、ディスクにあらかじめアドレス信号をピットとして作り込む「ウォブル&ランドプリピット方式」を採用したため、高精度な書き込みが実現される。

使用するレーザー光波長は635±5nm(記録)、650±5nm(再生)、記録パワーは6〜12mW。レンズ開口数0.6。

トラックピッチは0.80µm(3.95Gバイト)又は0.74µm(4.7Gバイト)。誤り訂正符号はリードソロモン積符号である。

読み書き両用DVDの互換性

凡例は、○:対応、×:未対応、△:将来的に対応を予定、?:不明、とする。

媒体ドライブ
DVDプレイヤーDVD-RAMDVD-RWDVD+RW
従来品新型
DVD-R

関連するメディアの総互換性表は、DVDの項目を参照のこと。

関連するリンク
DVD技術解説 -第6章 DVD-R -DVD-RW-
関連用語
DVD
CD-R
含まれる規格
DVD-R 1.0
DVD-R 2.0
DVD-R DL
関連する規格
DVD±R
DVD±RW
DVD±R/RW
DVD±R/RW/RAM
関連技術用語
DVD-ROM
フォーマット
ディスク
リードソロモン符号
対抗となる規格
DVD-RAM
DVD-RW
DVD+RW

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club