通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

DVD+RW

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・物理編 (TTDISKP)
読み:ディーヴィーディー・プラス・アーダブリュー
外語:DVD+RW: DVD+ReWritable 英語
品詞:名詞
2000/06/23 作成
2007/08/02 更新

DVDと互換性を持つ書き換え可能ディスクの一つ。

ソニー、Philips、Hewlett-Packard、三菱化学、リコー、ヤマハの6社によるDVDアライアンスで策定された。

Phase-Change ReWritable(相変化記録リライタブル)が正式名称で、DVD-RWDVD-RAMの対抗規格である。

このディスクはDVDフォーラムが発表した先行規格のDVD-RWDVD-RAM規格とは互換性がなく、DVD+RWの登場によって、DVD-ROMと互換性を持った書き換え可能ディスクの仕様は二つの陣営で行なわれることが明確となった。そのため一部にはDVD+RWをソ連式(ソニー連合式)と呼び蔑視することがある。

当然、DVDフォーラムはこれを正規のDVD規格と認めていないため、メディアやドライブにはDVDのロゴがついていない。

容量や方式

12cm径で0.6mm×2(貼り合わせ)のDVDディスクに、トラックピッチ0.8µmで記録する。

FM変調によるCAV記録で、容量は片面3.0Gバイト。使用するレーザー光は650nm

速度

DVD+RWはDVD-RWと違い、書き込みの最低速度が2.4倍速以上となっている。つまり、1倍速というものが存在しない。

この影響で、メディアの品質チェックがDVD-RWより高めに取られることになり、メディア価格はDVD-RWより若干高くなった。その代わり、性能保証への安心感は高いとも考えられた。

読み書き両用DVDの互換性

凡例は、○:対応、×:未対応、△:将来的に対応を予定、?:不明、とする。

媒体ドライブ
DVDプレイヤーDVD-RAMDVD-RWDVD+RW
従来品新型
DVD+RW×

関連するメディアの総互換性表は、DVDの項目を参照のこと。

関連用語
DVD
DVD+R
DVD-ROM
関連する装置
DVD±RW
DVD±R/RW
DVD±R/RW/RAM
関連技術用語
CAV
RWPPI
対抗となる規格
DVD-RAM
DVD-RW
DVD-R

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club