通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

FM TOWNS

辞書:電算用語の基礎知識 計算機固有名詞編 (TCPROD)
読み:エフエムタウンズ
外語:FM TOWNS: Fujitsu Micro Towns 英語
品詞:商品名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

富士通が開発したマルチメディアパソコンFM-Rの後継機種であるが、FM-7シリーズのように、AV機能を充実させている。教育分野やホームユースを対象としていた。キャッチフレーズは「パソコンが変わる。FM TOWNSが変える。」。

初代FM TOWNSは1989(平成元)年2月発売で、CPUに80386の16MHzを搭載した。OSとして独自仕様のTOWNS-OSが用意されていた。

当時のPC-9801は縦400が標準だったのに対し、あくまで480という、VGA仕様であったこともFM TOWNSの大きな特徴であった。当時はまだ先進的だったCD-ROMが全機種に搭載され、加えて8チャンネルのPCM音源と6チャンネルものFM音源を搭載するなど、徹底的なマルチメディア指向も特徴で、マウスとゲームパッドが標準だったことも特筆に値する。

後の機種にi486やPentium搭載機があり、最終的にWindows 3.0/3.1/95も動作した。

1993(平成5)年2月16日にはFM TOWNS MARTYというCD-ROMプレイヤーともゲーム機とも付かない不思議な機種が発売された。キャッチフレーズは "マーティーにチャンネルを合わせろ"。

FM TOWNS 20F
FM TOWNS 20F

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club