通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

GIGAMO

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・物理編 (TTDISKP)
読み:ギガモ
外語:GIGAMO 英語
品詞:名詞
1999/01/13 作成
2009/08/04 更新

富士通ソニーの開発した、大容量の光磁気ディスク(MO)。

従来の128/230/540/640Mバイト3.5インチMOとの上位互換を持ちながら、更なる大容量を実現した。

1998(平成10)年11月5日発表の最初のGIGAMOは1.3Gバイトの容量があり、2001(平成13)年3月21日発表の後継では2.3Gバイトの容量を実現した。

GIGAMO
GIGAMO

媒体

媒体のカートリッジサイズは、従来の3.5インチMOと同じ。

  • カートリッジサイズ: 90mm×94mm×6mm
  • ディスク直径: 86mm
  • 基板厚: 1.2mm
  • トラックピッチ: 0.90µm(1.3G時)、0.67µm(2.3G時)
  • ビット長: 0.29µm(1.3G時)、0.233µm(2.3G時)
  • 容量: 1.3Gバイト・2.3Gバイト

GIGAMO 2.3GB
GIGAMO 2.3GB

記録密度

セクターサイズは540/640MバイトMOと同じ2,048バイトである。

トラックピッチはISO/IEC 15041(540/640Mバイト)で1.10µmなのに対し、1.3Gバイト時は0.90µm、2.3Gバイト時は0.67µmで記録する。

1.3Gバイトまでの全MOはランド記録だが、2.3GBはランド・グルーブ記録となっている。

磁気超解像(MSR: Magnetically induced Super Resolution)と呼ばれる技術を使用し、磁気で隣接のビットをマスクすることで光学限界以上の微細な磁気情報を読み取ることを可能とした。

また同じヘッドで従来のMOの読み書きも可能で、将来的には3Gバイトまで、光学系技術が進化すれば5Gバイトまで容量が増やせるといわれる。

その他

転送速度は5.92Mバイト/秒(5Mバイト/cBeat)を実現している。

通常のMOやCD等が内周から記録開始するのに対し、GIGAMOは外周より記録開始するという特殊な仕様になっている。

関連するリンク
http://jp.fujitsu.com/platform/storage/components/mo/
用語の所属
光磁気ディスク
MO
関連する用語
HS
MAMMOS
DVD-RAM

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club