通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

MAMMOS

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・物理編 (TTDISKP)
読み:マンモス
外語:MAMMOS: Magnetic AMplifying Magneto-Optical System 英語
品詞:名詞
1997/07/11 作成
2011/10/15 更新

日立マクセルと三洋電機が共同開発した光磁気記録再生方式。仕様的にはキヤノン松下電器産業(現・パナソニック)のDWDDに近い。

オリンパス光学(現・オリンパス)、三洋電機、日立マクセルによるiDフォーマットの技術を発展させたもので、12Gbpi以上が可能だといわれている。12cm径の媒体では20Gバイト程度の容量を実現できる。

磁気記録層(TbFeCo:テルビウム、鉄、コバルト合金)の信号を拡大するための層(GdFeCo:ガドリニウム、鉄、コバルトの合金)を設けることで、高密度記録信号をC/N比の劣化無く検出することができるようにした。

用語の所属
光磁気ディスク
関連する用語
C/N比
iDフォーマット
HS
ASMO
DWDD

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club