通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

C/N比

辞書:科学用語の基礎知識 工学系技術編 (NENGI)
読み:スィーエンひ
外語:C/N Ratio: Carrier to Noise Ratio 英語
品詞:名詞
1997/04/05 作成
2013/09/23 更新

搬送波対雑音比。搬送波対ノイズ比。単にC/Nとも記す。

目次

S/N比信号についての比をあらわすが、その信号が変調されていた場合には、変調方式により異なる結果となってしまう。

そこで、検波前の信号を論じる時にはC/N比として区別している。

衛星放送受信などで使用される。単位はdB

C/N比を向上させるにはアンテナゲイン(利得)を上げることと、初段にNF(Noise Figure)の低い回路を使うことが重要となる。

衛星放送のアンテナが昔のものに比べ小型で済む様になったのは、NFの良い(低い)デバイスが使用できるようになり、アンテナが小さくても同等のC/N比とすることが可能となったためである。当初は2dB程度だったが、今では1.2dB以下となっている。

用語の所属
CN
関連する用語
S/N比
dB
利得
NF

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club