通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

LAME

辞書:電算用語の基礎知識 ローカルアプリ音像編 (PNAPLLG)
読み:レイム
読み:ラメ
外語:LAME: LAME Ain't an Mp3 Encoder 英語
発音:léim 英語
品詞:固有名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

MPEG 1、2、そして2.5のレイヤー3に対応したmp3エンコーダーの一つで、GNU LGPLで配布されているオープンソースソフトウェア

バザール形式で改良が続けられた結果、現在では音質で高い評価を受けている。CBR/VBR/ABRと3種類のビットレートに対応し、詳細なオプションが付けられるなど機能も良い。一方、エンコード速度はその高機能の所為かやや遅い。

Linux、FreeBSD、SunOS、SGI、DECなどのUNIX系OSの他、OS/2、BeOS、そしてWindows、さらにMacintosh用に疑似コンソールウィンドウを使用したバージョンなど、その移植性からくるマルチプラットフォームも人気の一つである。

そもそも、mp3エンコーダーというものは著作権とFraunhofer-Gesellschaft(FhG)などの特許の問題が常に存在する非常に厄介なものである。LAMEも当然例外ではなく、当初はISOのコードの配布制限と特許問題を避ける目的で、ISOのサンプルコードに対するパッチ、という扱いにして配布されていた。かなり黒に近いグレーな存在ではあったが、FhGからの文句は無かったようだ。

さて、2000(平成12)年5月8日のLAME 3.81betaからは遂にISOベースのコードが全て除去され著作権関係の問題は回避された。このため、LAMEはパッチではなくソースコードの配布が行なわるようになった。

但し、Fraunhofer-Gesellschaft(FhG)のMPEG Audioに関する特許の問題は依然として残されているので、今後どうなるのかは誰にも分からない。

ちなみに、ソースをコンパイルし、パッケージ化して再配布をしている人もいる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club