通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

MEIKO

辞書:電算用語の基礎知識 ローカルアプリ音像編 (PNAPLLG)
読み:メイコ
外語:MEIKO 英語
品詞:商品名
2007/12/01 作成
2016/01/28 更新

クリプトン・フューチャー・メディアより発売された、音声合成ソフトウェアVOCALOID用ライブラリの一つ。

このソフトウェアは、ヤマハの開発した音声合成エンジン「VOCALOID」を採用した製品の一つである。2004(平成16)年11月5日発売。

知名度は低く、あまり売れていなかったが、初音ミクの人気でようやく知名度が高まったMEIKOであった。

モデル

MEIKOは、日本の女性シンガーソングライター「拝郷メイコ」をモデルとした、日本語女性ボーカルソフトウェアである。

重厚な低音部から、張りのある高音部まで対応する。元がプロシンガーなので、元が声優である初音ミクよりも歌唱力が高い。

キャラクターデザインは不明だが、露出度の高い、胸の大きなお姉さん風の絵となっている。

適応

後継製品である「VOCALOID2」シリーズと比較すると、どうしても音声合成エンジンが古い分、音質に難がある。どう調整しても、VOCALOID2のようなクリアな声は出せないようである。

このためロボットボイス臭さを抜くのは難しく、ミクやリンの影に消えてゆく運命であることは疑いようがない。だが、歌唱力は間違いなく初音ミクよりもMEIKOの方が上であり、人間くさい歌い方ができる。

ポップ、ロック、ジャズ、R&B、童謡など、様々なジャンルに応用されている。

現在、MEIKOを実用として用いた著名な曲はロックやメタルであり、その系統の曲のボーカリストとして使うのが有効と考えられる。一方、80年代のアイドルポップスを歌わせた動画などもあり、萌える歌声にも対応できることが明らかとなった。

公式設定

MEIKOという「キャラクター」については、公式設定はない。

非公式設定

ニコニコ動画などにおける暗黙の了解(非公式設定)では、男性ボーカルKAITOと姉弟で、初音ミク鏡音リンが妹、鏡音レンが弟、ということになっている。

このため、MEIKOは「姉さん」と呼ばれる。

なお、一部の曲では、KAITOとMEIKOを夫婦にし、ミクを娘として設定するものもある。

関連するリンク
クリプトン MEIKO
用語の所属
VOCALOID
関連する用語
KAITO
巡音ルカ
初音ミク
鏡音リン
鏡音レン
DTM
VOCALOIDオリジナル曲

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club