通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

Mozilla (1)

辞書:電算用語の基礎知識 ネットアプリ編 (PNAPLNU)
読み:モジラ
外語:Mozilla 英語
品詞:商品名
2005/07/25 作成
2008/05/26 更新

Webブラウザーの一つ。「Mozilla」の第一義。

かつて、WebブラウザーのMosaicと戦うために産み出された怪獣。

語源はMosaic+Godzilla(ゴジラ)で、当時の主流WebブラウザーMosaicを殺すためのMosaic Killerという意味があるとされる。但しこの語源に関しても諸説あるようだ。

日本語表記は一般には「モジラ」、逸般人は「もじら」とひらがな表記する人が多かったようだ。

誕生

これを語るには、WWWの黎明期まで遡る必要がある。

時は1993(平成5)年、NCSAがMosaicというWebブラウザーを開発した。これはUNIXやその他OSで普及し、Webブラウザーの代名詞ともなった。これを販売することになったのはSpyglass社である。

これに対するは、NCSAでMosaicを開発した開発者の一人Marc Andreessenと、SGIの創業者でJim Clarkが設立したMosaic Communications社(後のNetscape Communications社)だった。

Mosaic Communications社はMosaicに対抗する新Webブラウザーを開発し、これにMosaicを打ち負かすものとなるよう、Mozillaという名を付けた、とするのが定説である。ただし、語源には諸説あるため、これが真実かどうかは誰にも分からない。

その後

当初はこれを商品名にする予定ではあったが、この名称はビジネス向きではないという理由で、結局Netscpaeという別の名前を作り、これを社名と商品名に採用したのである。そしてMozillaは一連のソフトウェアの、社内でのコードネームとなった。

一時は栄華を誇ったものの、これもやがてMicrosoftのInternet Explorerにより完敗を喫することとなる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club