通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Mosaic

辞書:電算用語の基礎知識 ネットアプリ編 (PNAPLNU)
読み:モザイク
外語:Mosaic 英語
発音:mouzéik , mo(u)- 英語
品詞:商品名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

NCSAで開発されたWebブラウザーの一。WWW黎明期には標準として利用されていたソフトウェア。

Webブラウザーが注目を集める切っ掛けとなったのが1993(平成5)年3月14日に公開されたMosaicのベータ版であるNCSA Mosaic for X 0.10だったとされている。このバージョンから<IMG>要素に対応し、それまで文字しか使えなかったWWWの世界に画像表示という新風を巻き起こした。開発はほぼ4年間続き、バージョン2.6/2.7b5リリースを最後に、1997(平成9)年1月7日に開発を終了した。

Mosaicの初期開発メンバーの多くが後にNetscape Communicationsを設立しNCSAと対抗することになるが、結果としてMosaicは一旦、Netscape Navigatorに負けを喫することになる。

NCSA Mosaicは後に米Spyglass社が買い取り、更にMicrosoftはSpyglassからライセンス供与を受けInternet Explorerを開発した。こうしてMosaicは再び市場を席巻し、Netscapeを淘汰することになるのであった。

組み込み分野では、SpyglassがWebブラウザーDevice MosaicとしてWindows CE版を開発し、Netscapeに先んじてPocket Internet Explorerの対抗製品として名乗りを上げている。

"Device Mosaic" はHTML 3.2完全対応が特徴で、JScriptTLS、RTSPなどに対応しているほか、インターフェイスのカスタマイズも可能である。ここでJavaScriptではなくJScriptとMicrosoft式に呼ぶ所に、Netscapeへの恨みが込められているのだろう。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club