通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Napster

辞書:電算用語の基礎知識 ネットアプリ編 (PNAPLNU)
読み:ナプスター
外語:Napster 英語
品詞:固有名詞
2000/05/29 作成
2015/03/29 更新

Peer to Peerによるファイル交換ソフトウェア

初出

当時ノースイースタン大学(Northeastern University)の学生だったショーン・ファニング(Shawn Fanning)により開発されたmp3ファイル交換ツール。

Napsterは、世界初の一般化したP2Pファイル交換ソフトウェアで、以降の、音楽ファイルを共有するという文化に大きな影響を与えた。

機能

このソフトウェアは、ユーザーが所有しているmp3ファイルを、中継となるサーバーを経由しながらP2P(Peer to Peer)の関係で第三者と簡単に交換することができる。

Napsterの特徴として、mp3の供給元(アップロード者)と供給先(ダウンロード者)はお互いを知ることができず、匿名性が保たれている。このため、著作権的に問題のあるmp3ファイル(つまりCDなどから作ったmp3)の交換をしても、原則として身元がバレることはない。

弱点

弱点もある。中央のサーバーが停止されると、Napsterは利用できなくなる。

最大の欠点は、このサーバーを当局に取り押さえられた場合、利用者の情報が割り出される可能性があるため、違法なデータを交換した場合に逮捕されてしまう恐れがあることである。

この問題を改善したものがGnutellaと呼ばれるソフトウェアで、Napsterに代わって普及した。

用語の所属
Peer to Peer
ファイル交換ソフトウェア
関連する用語
Gnutella
WinMX
mp3

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club