通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

WinMX

辞書:電算用語の基礎知識 ネットアプリ編 (PNAPLNU)
読み:ウィン・エムエックス
外語:WinMX 英語
品詞:商品名
2001/09/06 作成
2009/12/23 更新

Peer to Peerによるファイル交換ソフトウェアまたはファイル共有ソフトウェアNapsterクローンの一つ。

現時点での最新版は以下の通りである。

初出

当初は、各種OpenNapサーバーに接続して曲(mp3)を検索し、ダウンロード出来るのが特徴だった。

MusicCityがOpenNapの運用をやめてしまい、一時期は下火になったが、WinMX Ver.2.6から独自のPeer to Peer技術WPNPを採用したことで、総合ファイル交換ツールとしてユーザーが増えた。

バージョン2と3

差異

WinMXは大きくVer2.6とVer3.xの2バージョンが主流となっているが、両者は殆ど別物である。

Ver2.6はファイル交換ソフトウェア、Ver3.xはファイル共有ソフトウェアとなっている。

バージョン2

Ver2.6までのWinMXでは、ファイルは基本的にユーザー両者がお互いのファイルを確認しあい、物々交換をしていた。

従って、ファイル共有をせずにダウンロードしかしないDOMは嫌われた。

バージョン3

Ver3.xは、WPNPで構築される巨大なネットワークからファイルのダウンロードを行なう、という点を重視した設計がなされている。そのためVer3.xからはAFSAEQなどの新機能が搭載されている。

Ver3.xは、DOMには利点が多いが、物々交換をしたい人には敬遠された。そのため、2002(平成14)年9月8日正午から公式サーバーにVer2.6でWPNP接続出来なくなってから以降も、細々とサーバーを立ち上げて2.6での物々交換が続けられている。

2009(平成21)年現在も、Ver2.6の非公開サーバーは存在するらしい。

日本での状況

標準で日本語が使えるので便利らしく、日本でも普及が進んだ。

しかし市販ソフトのコピーの温床にもなっていたため、2001(平成13)年11月28日に著作権侵害(公衆送信権の侵害)の疑いで、東京都杉並区大学生(19歳)と埼玉県さいたま市の専門学校生(20歳)の二人が逮捕されている。

また、猥褻画像陳列による逮捕者なども出ている。

WinMX.comの停止

アメリカではファイル交換サイトに対する法的取締りが強化されており、その中でWinMX.comも2005(平成17)年9月22日、運営が停止させられた。これによってWinMXソフトウェアの配布は停止し、またWinMXのセンターサーバーへの接続も不可能になった。

この理由は米最高裁が2005(平成17)年6月に下した、「著作権を侵害する道具を配布する者は、その道具の利用者が犯した著作権侵害行為にも責任があると見なす」という無茶苦茶な判決によるもので、これを根拠にRIAAの圧力で閉鎖に追い込まれたとされている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club