通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Red Hat Enterprise Linux

辞書:電算用語の基礎知識 OS編 (PNOS)
読み:レッドハット・エンタープライズ・リヌクス
読み:レッドハット・エンタープライズ・リナックス
外語:RHEL: Red Hat Enterprise Linux 英語
品詞:商品名
2004/05/14 作成
2011/12/26 更新

Linuxディストリビューションの一つ。Red Hat系ディストリビューションに属する。略称「RHEL」。

かつてのRed Hat Linuxオープンソースだったのに対し、こちらは商用OSであり、非公開ソースが存在する。

パッケージ管理にRPMを利用しているため、自分でコンパイルするのが面倒な人に向いている。

用途等

業務指向のLinuxであり、Red Hat Linuxの頃から商用アプリケーションも比較的多くリリースされている。

そのため、海外ではMicrosoft Windowsの代わりに利用している例も多い。セキュリティなどに対する対応も熱心で、その点もWindowsに対するアドバンテージとなっているらしい。

関連ディストリビューション

商品なので当然有償だが、無償で利用できる、RHEL互換を標榜するOSもある。

  • CentOS: RHEL互換をフリーで目指すもの
  • Scientific Linux(旧称Fermi Linux): 米国Fermi国立研究所(FNAL)によるもの
  • StartCom Linux: RHEL 5をベースとするRHEL互換
  • White Box Enterprise Linux: いわゆるRHEL互換品のひとつ

沿革

Red Hat Enterprise Linuxの初版は2.1である。1相当は、Red Hat Linux 6.2Eが対応すると見られる。

バージョン4.5からは、Updateという表記に代えて小数でのバージョン表記も始まったが、相変わらず初版については6.0のような表記はされていない。

  • Red Hat Enterprise Linux 2.1 AS (Pensacola)
    • 初版 ‐ 2002(平成14)年3月26日
    • Update 1 ‐ 2003(平成15)年Q1
    • Update 2 ‐ 2003(平成15)年5月
    • Update 3 ‐ 2003(平成15)年
    • Update 4 ‐ 2004(平成16)年
    • Update 5 ‐ 2004(平成16)年
    • Update 6 ‐ 2004(平成16)年
    • Update 7 ‐ 2005(平成17)年
  • Red Hat Enterprise Linux 2.1 ES (Panama)
    • 初版 ‐ 2003(平成15)年5月
  • Red Hat Enterprise Linux 3 (Taroon) (Linux 2.4.21)
  • Red Hat Enterprise Linux 4 (Nahant) (Linux 2.6.9)
  • Red Hat Enterprise Linux 5 (Tikanga) (Linux 2.6.18)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 (Santiago) (Linux 2.6.32)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club