通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

SXGA

辞書:電算用語の基礎知識 計算機出力装置編 (TCPERIO)
読み:エスエックスジーエイ
読み:スーパーエックスジーエイ
外語:SXGA: Super eXtended Graphics Array 英語
品詞:名詞
1997/07/17 作成
2012/03/15 更新

XGAの解像度を一回り広げたもの。及び、この画面の画素数(画面解像度)に対する通称。SVGAの一つである。

目次

特に標準は無いが、慣習的に1,280×1,024ピクセルの解像度をSXGAと呼ぶ。

XGA(1,024×768ピクセル)と比較し、解像度は1.66倍となっている。

なお、他の多くの画面解像度がアスペクト比1.33であるのに対し、このSXGAは1.25となっている。

SVGAの頃は時代背景がDOS/VWindows 3.1なので、必然的に仕様統一が必要、という都合があった。

しかしSXGAが使われるWindows 95/98の時代になると、カードメーカーはWindowsの仕様に合わせてドライバーを作れば良いだけなので統一仕様はさして重要ではなくなり、グラフィックチップの仕様の非公開と合わせ、PC UNIXでのサポートを難しくした。

用語の所属
画面解像度
グラフィック
SVGA
関連する技術
SXGA+
UXGA
QXGA
関連する用語
PC/AT互換機
上位互換

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club