通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

TK-80E

辞書:電算用語の基礎知識 計算機固有名詞編 (TCPROD)
読み:ティーケイはちまるイー
外語:TK-80E: Training Kit-80 Economy 英語
品詞:商品名
2005/05/23 作成

日本電気(NEC)が1977(昭和52)年12月に発売したワンボードマイコン。定価は67,000円(非課税)。TK-80の後継機であり、廉価版(エコノミータイプ)である。これはTK-80と同様、いわゆるパソコンではなく、また完成品でもない。自分で組み立てて使うキットであった。

CPUはi8080上位互換のNEC製CPUであるμPD8080AFC(2MHz)である。これにROMのμPD464C×3個、SRAMのμPD2101ALC-4×4個(最大8個搭載可能で、8個搭載時の容量は1Kiバイト。つまり標準は512バイト。バッテリーバックアップは微妙)、PIOにμPD8255Cが搭載されている。一応SIOも利用可能で、これはPIOのうちの2ビットを使って実現している。最大110kbps。

基本的なところは変わらないが、価格を抑えるため、TK-80の高級なところのグレードを少し落としている。CPUが標準の8080A互換品に、ROMがEEPROMからマスクROMに、SRAMもCMOSのμPD5101E→NMOSのμPD2101AL-4へと変更になっている。CMOSのμPD5101Eは微弱電流で稼働するためバッテリーバックアップ向きだったが高かった。かわって採用された安価なNMOSのμPD2101AL-4は電流を宜しく食うためバッテリーバックアップに向かないという難点がある。

用語の所属
マイコン
TK
関連する用語
TK-80

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club