通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

TUT-Code

辞書:電算用語の基礎知識 計算機入力装置編 (TCPERII)
読み:ティーユーティーコード
外語:TUT-Code 英語
品詞:名詞
2000/11/24 作成
2013/08/04 更新

1982(昭和57)年に、豊橋技術科学大学(TUT)情報工学系大岩研究室の大岩元/高嶋孝明の両名により開発された、漢字直接入力の一つ。

目次

T-Codeを元にしており、かな文字について法則性を与えたこと、2ストロークで入力できない文字を3ストロークに割りあてたことがT-Codeからの大きな変更点である。

2ストローク入力で725字、3ストローク入力で1,800字を定義しており、計2,525字が2または3ストロークで入力できる。

漢字使用頻度として新聞を元にしているため、新聞のような時事問題や科学などの文章には向くが、反面、普通の日記のような文章には向かないとされている。

かな文字入力方法(ローマ字入力)は、次の通り。

    • あ r
    • か e
    • さ s
    • た d
    • な f
    • は t
    • ま w
    • や q
    • ら g
    • わ a
    • ア k
    • イ i
    • ウ u
    • エ h
    • オ j

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club