通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

The X.Org Foundation

辞書:電算用語の基礎知識 技術ソフト製造団体編 (TYORGS)
読み:ジ・エックス・オーグ・ファウンデーション
外語:The X.Org Foundation 英語
品詞:団体組織名
2005/10/09 作成

元々X Window Systemの規格策定などをしていたX Consortium→The Open Group→X.Orgの流れを汲む組織。日本語では「X.Org財団」と訳される。

XFree86 4.4.0のライセンス変更問題で、それまでXFree86の開発に携わっていた技術者らが旧X.Orgに合流し、新たなに財団として発足したのがThe X.Org Foundationである。

この財団は「新たな本家」として、2004(平成16)年4月に最初のバージョンであるX Window System Version 11 Release 6.7(X11R6.7)をリリースしている。これはX11R6.6と、ライセンスが変更される前のXFree86 4.4RC2をベースに作られている。

ちなみに「XFree86」は商標ということもあり、Xサーバーのバイナリから設定ファイルまで、一部の新機能以外の名称がXFree86からXorgやxorg.confなどに変更されている。ここから、The X.Org Foundationの実装はX.Orgと呼ばれている。

これを著している現在では、XFree86よりThe X.Org Foundationが優勢となっている。

用語の所属
UNIX
関連する団体
The Open Group
関連する用語
X Window System
XFree86

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club