通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

X.Org (実装)

辞書:電算用語の基礎知識 ローカルアプリ一般編 (PNAPLLI)
読み:エックス・オーグ
外語:X.Org 英語
品詞:固有名詞
2005/10/09 作成
2012/06/23 更新

X11の実装の一つ。The X.Org Foundationにより作られたX Window System

項目の有効期限について

この項目は、2013/12/31に有効期限が切れています。

この項目は既に古い記述を含みますが、まだある程度の事実を含んでおり、参考として利用できます。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。

最初のバージョンはX Window System Version 11 Release 6.7(X11R6.7)である。

  • 2004(平成16)年4月: X.Org X11R6.7リリース
  • 2004(平成16)年9月8日: X.Org X11R6.8.0リリース
  • 2005(平成17)年12月21日: X.Org X11R6.9、X11R7.0同時リリース
  • 2006(平成18)年5月22日: X.Org X11R7.1リリース
  • 2007(平成19)年2月15日: X.Org X11R7.2リリース
  • 2007(平成19)年9月6日: X.Org X11R7.3リリース
  • 2008(平成20)年9月23日: X.Org X11R7.4リリース
  • 2009(平成21)年10月26日: X.Org X11R7.5リリース
  • 2010(平成22)年10月: X.Org X11R7.6リリース
  • 2012(平成24)年6月6日: X.Org X11R7.7リリース

今後の予定

  • 2013(平成25)年: X.Org X11R7.8リリース

発端

事の発端は、2004(平成16)年2月29日にリリースされたXFree86 4.4.0より、新ライセンスが採用されたことであった。

この時に、旧BSDライセンスと同様の宣伝条項が追加されることとなった。

このライセンスはGPLの第6項に反していたためLinuxでは使えないという判断になり、大騒ぎとなった。そこで元XFree86の開発メンバーが離脱してX.Orgと合流し、開発を継続することになった。

X.Orgのベースとしたのは、このライセンス変更直前のリリースである、XFree86 4.4RC2である。

BSD

宣伝条項の有無という差はあるが、BSDは過去も今もBSDライセンスである。現BSDライセンスとの親和性は損われていないにも関わらず、各BSDもXFree86の採用を躊躇うようになり、やがてX.Orgへと移行を始めた。

OpenBSDでは当初XFree86 4.4.0を採用したが、やがて使わない方針を示し、X.Orgに移行した。FreeBSDもNetBSDも、今はX.Orgである。

BSDと言えども、GCCなどGNUの恩恵からは逃れられない定めなので、その辺の空気を読んだようである。また、皆がX.Orgを使うようになれば、自ずとこちらのほうが改善が進むので、「古い」XFree86を使い続ける理由もない、という判断もあったのだろう。

従って、X.OrgはXFree86の支流と言うよりは、本家断絶により分家が家業を継いだような存在、とも言える。

関連するリンク
X.Org Foundation
用語の所属
X Window System
Xサーバー
関連する用語
The X.Org Foundation
XFree86

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club