通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

GNU

辞書:電算用語の基礎知識 技術団体編 (TYORGR)
読み:グニュー
外語:GNU: Gnu's Not UNIX 英語
品詞:団体組織名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

Richard M. Stallman(リチャード・ストールマン)が率いるFree Software Foundationが推し進める、BSD UNIX上位互換OSカーネルGNU Hurdを作ろうというプロジェクト。Richard M. StallmanはGNUの本舗として、FSF(Free Software Foundation)を設立した。

OS(GNU Hurd)が完成する前から周辺コマンドやアプリケーションが整備されていて、これを総称してGNUソフトウェアと呼ぶ。代表的なものとしてはGCCやGNU Emacsなどがある。GNUソフトウェアは無料で使用できるが、使用に関しての約束事があり、それをまとめたものがGPL(GNU一般公有使用承諾書)である。

ちなみにGNUの読み方は諸説あり "ぐぬー"、"ぬー"、"にゅー" などと読むこともある。なお、GNUの主旨を述べた文書 "GNU Manifesto" ではGは発音するように指示している。GNUの語源は、"Gnu's Not UNIX" であるが、つまり "GNUは「GNUはUNIXではない」の省略形である" という意味になり、結局説明になっていない。これはアメリカンジョークである。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club