通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

UUID

辞書:電算用語の基礎知識 ソフト用語編 (PYSOFT)
読み:ユーユーアイディー
外語:UUID: Universally Unique IDentifier 英語
品詞:固有名詞
1999/04/12 作成
2008/05/12 更新

汎用一意識別子、またはユニバーサル一意識別子。

目次

Apollo Computer(現Hewlett-Packard)がネットワークで複数の電子計算機分散処理を行なうためのソフトウェア「Network Computing System」用に開発し、Open Software Foundation(OSF)やDistributed Computing Environment(DCE)で採用されたIDの附番方法である。

Microsoftもこれを採用し、GUID、CLSID、IIDなどとして用いている。

RFC 4122にて、構造とURNの名前空間が定義されている。

  • 0〜31 ‐ time_low
  • 32〜47 ‐ time_mid
  • 48〜63 ‐ time_hi_and_version
  • 64〜71 ‐ clk_seq_hi_res
  • 72〜79 ‐ clk_seq_low
  • 80〜95 ‐ node (0-1)
  • 96〜127 ‐ node (2-5)

URNの名前空間の例は次の通り。

urn:uuid:f81d4fae-7dec-11d0-a765-00a0c91e6bf6

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club