通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

WFHD

辞書:電算用語の基礎知識 計算機出力装置編 (TCPERIO)
読み:ワイドフル・エイチディー
外語:WFHD: Wide Full High Definition 英語
品詞:名詞
2013/09/10 作成
2013/09/11 更新

ワイド画面用のフルHDのこと。及び、この画面の画素数(画面解像度)に対する通称。統一的な呼称がなく、「ワイドフルHD」や「フルHDワイド」などとも呼ばれている。

目次

フルHD自体がワイドではあるが、これは更にワイドになったものである。

特に標準は無いが、一般には2,560×1,080ピクセル程度。

具体的には、縦幅は元のフルHD(1,080ピクセル)に合わせ、横幅を元の幅(1,920ピクセル)よりも広げたものをいう。これにより、横長画面、つまりワイド画面とする。

一般的な製品は2,560×1,080ピクセルで、アスペクト比21∶9(2.33∶1)である。つまり横が縦の約2.3倍と非常に横長である。

これは、映画館の横長サイズであるシネスコ・サイズのアスペクト比12∶5(2.40∶1)に近い。

用語の所属
画面解像度
グラフィック
関連する用語
フルHD

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club