通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

WSDL

辞書:電算用語の基礎知識 ファイル形式編 (PFFMT)
読み:ダブリューエスディーエル
外語:WSDL: Web Services Description Language 英語
品詞:固有名詞
2001/11/18 作成
2015/04/14 更新

Webサービス記述言語。

目次

Web上で使われるXMLベースのサービス(Webサービス)のインターフェイスを記述するために用いられるXMLアプリケーション

Ariba、IBMMicrosoftにより策定され、W3Cに提案された。2001(平成13)年3月15日、WSDL 1.1仕様がW3Cにより勧告されている。

WSDLではWebサービスをネットワーク端点(ポート)の集合として定義し、types、message、portType、binding、service、portの要素で構成される。

各要素の意味は次の通り。

types
下位データタイプの定義
message
個々の送信データフォーマット
portType
message群をまとめて1つの論理操作を定義
binding
論理モデルと物理モデルを結び付ける
service
通信エンドポイントの物理的な位置を示す
port
bindingとアドレスの組み合わせでエンドポイントを定義
関連するリンク
http://www.w3.org/TR/wsdl
用語の所属
Web
XMLアプリケーション

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club