通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

l10n

辞書:電算用語の基礎知識 ソフト用語編 (PYSOFT)
読み:エル・テン・エン
外語:l10n: localization 英語
品詞:名詞
1999/12/27 作成
2008/05/07 更新

ソフトウェアの多言語対応の一つで、英語以外のある特定の言語に対応すること。

l10nは、「地域化」を意味する英単語localizationが元であり、頭のLと最後のNだけを残し、間の10文字を省略した、という意味である。

外国製のソフトウェアを移植する場合、例えばASCIIからシフトJISに変更することで日本語化する、ということがよく行なわれていた。やがてi18nなどとなり、現在はUnicodeの普及もありm17nもよく行なわれている。

関連する用語
i18n
m17n

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club