通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

zeroデバイス

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:ゼロデバイス
外語:zero device 英語
品詞:名詞
2008/02/15 作成

書き込んでも無視されるが、際限なくゼロを読み出すことができるデバイス。

名前

UNIXPOSIX準拠OSでは、/dev/zeroである。

技術

UNIX系OSでは、パーミッションは "crw-rw-rw-" となっており、先頭のcからキャラクターデバイスであることが分かる。

由来

初出は不明だが、FreeBSDのマニュアルによると、4.4BSDから登場したと書かれている、比較的新しいデバイスである。

今では、LinuxSolarisHP-UXなどにも同じものがある。

読み出すと、常に「0」('\0'文字)が返される。read()であれば、バッファーには引数に与えられたバイト数分、'\0'が返される。

書き込んでも、データは無視または破棄される。

zeroに対するシークは、常に成功する。

プライベートmmap()は有効である。返されるメモリー位置には、引数に与えられたバイト数分の'\0'文字が置かれている。共有mmap()は許可されていない。

関連する用語
/dev/null

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club