通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

4.4BSD

辞書:電算用語の基礎知識 OS編 (PNOS)
読み:よんてんよんビーエスディー
外語:4.4BSD 英語
品詞:商品名
2013/07/03 作成

カリフォルニア大学バークレー校(UCB)で開発された、BSDのバージョン4.4。1994(平成6)年にリリースされた。

AT&T(後のノベル)由来のコードを除去したものとして開発された4.3BSD Net/2だったが、まだいくつかの箇所でライセンスに抵触するコードが残っていた。

このためAT&T(後のノベル)に提訴されるが、しかし逆に、ノベルのUNIX System VにもBSD由来のコードがライセンス違反状態で使用されていることが発覚、結果としてライセンスが必要な部分を削除するというBSD側に有利な条件で和解が成立した。

そして、4.3BSDの後継として、1994(平成6)年6月に4.4BSDが開発された。

種類

4.4BSDは、次の二種類がリリースされた。

バークレーでのBSD開発は、翌年1995(平成7)年にリリースされた4.4BSD-Lite Release 2までである。

派生

現在のBSDは、全て4.4BSD-Liteシリーズが基となっている。

訴訟に巻き込まれたBSDiのBSD/OSはもちろんであり、また、386BSDは短命に終わったため4.3BSD Net/2のまま消滅したがその子孫であるFreeBSDNetBSDOpenBSDおよびそれらからの更なる子孫は4.4BSD-Liteシリーズを基に修正され、開発が継続されている。

補足

BSDライセンスは非常に緩いライセンスであるため、BSDは様々な場所に使われるようになった。それは、商用のOSであっても同様である。

例えばWindowsは、TCP/IPの実装にBSDの処理を用いている。

OS XのベースとなったオープンソースOSのDarwinもまた、4.4BSD-Lite Release 2およびFreeBSDの派生である。

Sun Microsystems(現Oracle)のSolarisも、もともとのSunOSはBSDで、後にSystem Vになってからも従来のBSD由来のコードは残されている。

様々なOSがあるが、商業的に最も成功した商用のBSDは、OS Xであるといえる。

用語の所属
BSD
関連する用語
4.3BSD

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club