通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

α-DATA32

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:アルファデータさんじゅうに
外語:alpha data 32 英語
品詞:商品名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

DDIポケットの提供するPHSでのデータ通信サービスのひとつでα-DATA(無線モデム/無線FAX/無線インターネット)とPIAFSの両方が使えるというもの。

α-DATA32の提供するデータ通信は、従来のα-DATAの上位仕様となっており、32kbpsディジタル通信が可能である。

PIAFSの稼動開始日である1997(平成9)年4月1日より全国一斉稼動を行ない、PHS業界標準となる予定のPIAFSに真正面から対抗するという、強気な規格である。

PIAFSとの差違は次のとおり。

  1. 接続先は通常のISDN-64kbps TAとなるため、PIAFSのようにホストに専用の端末設備を用意する必要がない。
  2. PIAFS接続サービスも同時に利用する事が可能。接続先は当然PIAFS専用TA(TAP)装備のホストに限定。
  3. 従来同様、α-DATAの14400bpsによるアナログモデムホストへの接続も可能。
  4. アナログ変換サービスを利用する場合、PIAFSと違い最大14400bpsまでしか出ない代わり、従来料金で利用できる(PIAFSの28800bpsアナログ変換サービスは従来料金+1分10円)。

α-DATAからの移行の注意点は次のとおり。

  1. 32kbpsディジタル接続を行なうためには、PC側のコミュニケーションカードの対応のみで可能。端末は従来のα-DATA用をそのまま利用できる。
  2. PIAFSへの接続サービスを行なうには、α-DATA32対応の新型端末の利用が必須。
用語の所属
DDIポケット
32
関連する用語
α-DATA
α-DATA64
PHS
ISDN
TA
PIAFS

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club