通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

PIAFS

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:ピアフ
外語:PIAFS: PHS Internet Access Forum Standard 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

PHSのディジタルデータ通信規格のひとつ。

PHSで双方向32kbps(実効29.2kbps)または64kbps(実効58.4kbps)のデータ通信を実現する業界標準の通信方式として、PHS事業者やベンダーによる任意団体PIAF(現在のMITF)により策定された伝送制御プロトコル

各種制御データを含む640ビット(実データ548ビット)の固定長フレームで伝送を行ない、MODS-ARQ(Modulo Operation using Datafield SelectiveRepeat-Automatic Repeat reQuest)と、東芝が開発した "LAP-P" を融合したプロトコルによりエラー制御を行なう。エラー検出時などには、自動でデータの再送(ARQ)を行なうことで、エラーのない通信を実現している。

ディジタル専用のためホスト側がPIAFSに対応していないと使えず、普及には時間が掛かるだろうと見られている(PIAFS専用のTA(TAP)がホスト側に必須となる)。

DDIポケットのデータ通信規格α-DATAと同様に基地局でディジタル/アナログ変換を行ないホスト局にも接続可能にする仕様が出されたという話がある。この時の回線速度は最大28800bpsとなる。

なおディジタル通信であるため、PHSとパソコンの接続は通常のモデムは使えず、専用カードを使用することになる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club