通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

エクステンションビット

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術下編 (CTEQIP)
読み:エクステンションビット
外語:extension bit 英語
品詞:名詞
2004/02/04 作成
2006/11/16 更新

Ethernetのフレーム長とスロット時間をすりあわせるために置かれるビット列で、1000BASE-Xの半二重通信で使われる。

10BASE、100BASEネットワークにおいて、最小フレーム長、スロット時間は共に64オクテットである。従って、そのすべてを送出すれば問題なく通信できる。

一方、1000BASE-Xネットワークにおいては、最小フレーム長は他のEthernetと同じ64オクテットだが、実際にネットワークに送出する最小のフレーム長(スロット時間)は512オクテットであるため、上位層から物理層へ最小のフレームが送られてきた場合、その64オクテットをそのまま送出することは許されない。

そこで、448オクテットの非データのビット列を加え、512オクテットにして送出する。この非データビット列をエクステンションビットと呼ぶ。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club