通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

エシュロン

辞書:通信用語の基礎知識 通信団体編 (CYORG)
読み:エシュロン
外語:ECHELON 英語
発音:éʃəlàn 英語
品詞:団体組織名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

2000(平成12)年2月のNSA機密文書公開で存在が明らかになった、米、英、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの英語圏5ヶ国によって構成された世界規模の盗聴網。1947(昭和22)年に米英によって設立され、後にそれ以外の国が加わった。コードネームは "P-415"。

本来は共産圏情報取得が目的であったが、冷戦終結後は非英語圏企業の情報を取得する産業スパイ的活動を行なっていると言われている。基本的に米国以外の情報機関は盗聴を主体に行なっており、得られたデータはNSAに送って処理される。

エシュロンとはフランス語で "はしご" の意味だが、そのフランスははしごから外されている訳で、対抗してフランスもドイツと共同で盗聴網整備に乗り出していると言われる。

関連する用語
NSA
GCHQ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club