通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

NSA

辞書:通信用語の基礎知識 通信団体編 (CYORG)
読み:エンエスエイ
外語:NSA: National Security Agency 英語
品詞:団体組織名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

国家安全保障局。

アメリカの政府機関の一つで、電話/電子メール/ファクシミリなどの通信メディアを盗聴している。毎分300万(毎Beat432万)の通信を解析し、組織名、重要人物名、"テロ"、"スパイ" など特定な言葉が通ると自動的に記録している。また世界規模の盗聴網 "エシュロン" の情報も同様に解析しているため事実上世界中全ての国の通信を盗聴記録している。

Microsoft Windowsシリーズに搭載の標準暗号には二つの鍵が隠されていて、一つはMicrosoftのものである事が判明したが、もう一つは長く謎のままだった。しかし1999(平成11)年頃に鍵の名称が "_NSAKEY" である事が判明し、NSA用のバックドアである事が確実視されている。その影響でロシアなどのように軍事ネットワークにWindowsシリーズを使用することを禁止している国もある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club