通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

クロス接続

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術用語編 (CTYOGO)
読み:クロスせつぞく
外語:cross connection 英語
品詞:さ変名詞
2004/07/30 作成
2015/04/05 更新

通信回線の接続方法の一つで、信号線の送受信を入れ替えて接続するもの。

目次

ケーブルの結線で、片方を甲、もう片方を乙とすると、甲の送信線は乙の受信線に、そしてまた甲の受信信号線は乙の送信信号線に、それぞれ入れ換えるように配線する。

こういった接続方法をクロス接続という。

シリアルバスインターフェイス(RS-232CRS-422など)などでは、パソコン同士や機器との接続、EthernetではHUB同士の接続などに利用される接続方法である。

クロス接続のために、クロスケーブルが用いられる。

利用環境
RS-232C
Ethernet
関連する用語
クロスケーブル
ストレート接続

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club