通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

クロスケーブル

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術接続編 (CTIF)
読み:クロスケーブル
外語:cross cable 英語
品詞:名詞
1999/11/25 作成
2012/03/10 更新

送信受信信号線を相互に入れ替えるように配線されたケーブルのこと。

リバースケーブル(reversed cable)やナルモデムケーブル(null modem cable)などとも呼ばれる。

ケーブルの片方を甲、もう片方を乙とすると、甲の送信信号線が乙の受信信号線、甲の受信信号線が乙の送信信号線として、相互に入れ換えて(クロスして)繋げられているものをいう。

こうすることで、甲が発信したものが乙で受信でき、また乙が発信したものを甲が受信でき、もって相互に通信が行なえることになる。

シリアルバス(RS-232CやRS-422など)の場合はパソコン同士の接続などの際に用いられ、Ethernetの場合はHUB同士を接続するのに用いる。

なぜ同じ器材同士の接続にクロスケーブルを使うかというと、単純に1∶1で対応したケーブルでは、お互いの送信同士・受信同士でしか接続できないためで、これでは通信が行なえない。

自分の送信は相手の受信に、自分の受信は相手の送信にそれぞれ繋げるためにクロスを使う。

なお、アナログモデムのように、RS-232Cを使用した機器の場合、DCEは逆に端子が配列されているためDTEに対してストレートケーブルで使用できる仕様となっている。パーソナルコンピューターなどDTE同士を接続する場合はクロスケーブルを用いる。

RS-232C

RS-232CでPC同士を繋ぐ場合、原則としては、同じ趣旨の線の送受信を入れ換えることになる。

  • SG(GND)同士の接続
  • SD(TxD)とRD(RxD)を入れ替え (通信)
  • CS(CTS)とRS(RTS)を入れ替え (S制御)
  • DR(DSR)とER(DTR)を入れ替え (状態通知)

上記の上二つは必須で、下二つは必要に応じて行なう。

なお不足するCD(DCD)は、DR(DSR)に繋がるものを分岐して接続することが多い。同様に不足するCI(RI)は、どうしようもないので諦める。

UTP/STP

Ethernetなどの場合、UTP/STPは4ペア8本のケーブルがあるため、使用している各ペアがクロスになるようにする。

10BASE-T100BASE-TXではペア2とペア3を使用しているので、少なくともその2ペアを交換する必要がある。

UTP/STP Ethernet用ケーブル
UTP/STP Ethernet用ケーブル

用語の所属
ケーブル
関連する用語
クロス接続
ストレートケーブル

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club