通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

UTP

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術接続編 (CTIF)
読み:ユーティーピー
外語:UTP: Unshield Twist Pair 英語
品詞:名詞
1998/12/02 作成
2006/06/09 更新

非シールドより対線。2対のケーブルを1ペアとし、撚って束ねたケーブル(ツイストペアケーブル)の総称。通常は4ペア(8芯線)が1組になっている。

電話モジュラージャックや、LANの結線等に見られる高速データ伝送用の線はみなこの形式を取る。

規格として、EIA(米国電子工業会)とTIA(米国通信工業会)のEIA/TIA 568規格がある。

この規格では現在カテゴリー1〜6までの6種類の性能が規定されていて、ネットワーク結線用としては古くはカテゴリー3、現在はカテゴリー5以降が使われる。

結線

EIA/TIA 568-Aでは、1-2、3-6、4-5、7-8でそれぞれペアになるよう既定されている。第1ペアから第4ペアまであり、

  1. 4-5
  2. 3-6
  3. 1-2
  4. 7-8

となる。

主な用途は次のとおり

現在、LAN用に使われるのはEIA/TIAのケーブルであり、そうでなくとも日本ではUSOCの採用例は皆無である。

ケーブルの両端がA(または両端がB)にすると- ストレートケーブル、片方をA・他方をBにすると10BASE-T・100BASE-TXの場合はクロスケーブルになる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club