通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ツイストペアケーブル

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術接続編 (CTIF)
読み:ツイストペアケーブル
外語:twisted pair cable 英語
品詞:名詞
2006/12/08 更新

2本の被覆付き導線をねじってよりあわせた信号伝達用導線。このように撚り合わせることをツイストペアという。これを多数束ねて多芯ケーブルにしたものもある。

目次

ツイストペアとすることでノイズの影響が少なくなるという利点がある。

通信用ケーブルとしては同軸ケーブルに比べて伝送損失が多く、あまり高速な信号の伝送には向かないが、構造が簡単で比較的ノイズに強いため、USBケーブルEthernet用のケーブルなどに使われている。

他にも、ノイズ輻射が少ないことから、ノイズ低減要求の厳しい箇所(例えばCPU冷却ファン部)の電源線などにも使われることがある。

シールドされていないUTPと、シールドされたSTPの二種類がある。

用語の所属
ツイストペア
ケーブル
該当する用語
UTP
STP (ケーブル)
主な用途
Ethernet
USBケーブル
関連する用語
同軸ケーブル
シールド線
信号
電流
ノイズ
損失

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club