通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

シリアル

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術用語編 (CTYOGO)
読み:シリアル
外語:serial 英語 , 串行 支那語(大陸・台湾)
品詞:名詞
2007/02/08 作成

直列、のこと。対義語は並列(パラレル)である。

データを、直列に送受信する。つまり一つの経路(例えば1本のケーブル)を、1ビットずつ順々に送受信するための機構や、その行為のこと。

派生して、それを利用するためのコネクターやケーブルなどのことも表わす。

パソコンでは古くからRS-232CRS-422などで規定されたシリアルバスインターフェイスが使われてきた。また、これの進化系にUSBがある。

少ない信号線数で通信ができるのが利点である。

まだ技術が乏しかった時代は、一本の信号線で送受信できる速度にも限界があり、従ってシリアル方式は遅かった。解決として、この信号線を複数束ね並列としたパラレルが使われたのである。

しかし技術革新によってシリアルでも高速な通信が可能となり、また並列の場合、超高速通信では全信号の同期を取るのが難しいことから、時代は再びシリアルとなった。

コンピューター

現在、パーソナルコンピューターでよく使われているシリアル技術には、次のようなものがある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club