通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

クローン携帯電話

辞書:通信用語の基礎知識 電話情報編 (WTELI)
読み:クローンけいたいでんわ
品詞:名詞
2005/02/03 作成
2014/01/23 更新

同じ識別番号(IMEIなど)を持った携帯電話機が携帯電話ネットワークに2台以上存在するとき、そのうちの不正に作られた(クローン)携帯電話機のこと。

目次

2004(平成16)年頃から、自分の携帯電話のクローンが存在し、不当な通話通信料金請求が来ると訴える者が続出しだし、社会問題にもなった。

しかし、携帯電話各社は(ディジタル化が完了した)日本の携帯電話ネットワークでは発生しないと主張している。

現実に存在するかは謎であるが、都市伝説の域を出ない話ではある。

携帯電話のシステムは、電話番号以外に、SIMカードに記録されたIMEI(事業者により呼称が異なる)を持っており、これと端末とネットワークがそれぞれ持つ認証キーによって電話網への接続認証を行なう。

従って基本的には、IMEIだけ複製しても認証に失敗するため接続することはできない。

ただし海外の一部事業者の交換機では、この認証をしないものがあるらしく、その場合、(NTTドコモのように)IMEIを使い回す事業者が会った場合、解約済みのIMEIと同じIMEIが契約中であると、網に接続されてしまうことがある。

この件は、NTTドコモがIMEIを使い回すのが悪いという結論に至るが、NTTドコモは「読売新聞「クローン携帯初確認」との報道について」として見解を出しており、「いわゆるクローン携帯の製造は、技術的に不可能との認識は従来と変わるものではありません。」としている。

関連する用語
携帯電話
電話番号

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club