通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ケーブル・アンド・ワイヤレスIDC

辞書:通信用語の基礎知識 電話情報編 (WTELI)
読み:ケーブルアンドワイアレス・アイディースィー
外語:C&W IDC: Cable and Wireless IDC 英語
品詞:会社名
2006/10/29 更新

かつて存在した国際系新電電の一つ。現在ではソフトバンググループに吸収されている。

IDCこと国際デジタル通信株式会社(当時の代表取締役社長はサイモン・カニンガム)は1999(平成11)年9月1日C&Wと合併し、この商号に変更された。

その後、2000(平成12)年3月30日に親会社(C&W)の日本法人、ケーブル・アンド・ワイヤレス・ジャパン株式会社のほぼ全部を営業譲渡され、国際電話サービス、国際ファクシミリサービス、インターネット専用線接続サービスなどを引き継いだ。

更に後には、ソフトバンクにより買収され日本テレコムIDCとなり、2005(平成17)年7月1日日本テレコムと合併した。

関連する用語
C&W
IDC (電話会社)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club